本文へスキップ

宇都宮のイギリス菓子教室「Galettes and Biscuits (ガレット アンド ビスケット)」 にようこそ

見出し過去のメニュー



2017年3月
<Marmalade and Whisky Bread and Butter pudding & Treacle tart>




イギリス人はパンを美味しいお菓子に変身させる手品師☆
ティールームの大定番 トラディッショナルな「トリークルタルト」は
パン粉とゴールデンシロップで作る実にイギリスらしい一品
懐かしい家庭の味NO1にも選ばれる「ブレッド&バタープディング」は
マーマレード&ウィスキー味も大人に人気のフレイバー☆
まだまだ寒い3月 あったかイギリスプディングをご賞味あれ































2017年2月
<Buttermilk chocolate cake & Cheese straws>




イギリス人の大好物☆大人も子供もみんな大好きなチョコレートケーキ
たっぷり加えるバターミルクがしっとり食感のカギ
「バターミルクチョコレートケーキ」
甘いものを食べたら次に欲しくなるのはしょっぱいもの
サクサクの「チーズストロー」はワインやビールのお供にもぴったり
覚えておくと大活躍のイギリス定番スナックです☆

~Galettes and Biscuits 冬の遠足~
スペシャルクリームティーレッスン
2月4日(土)11:00~14:00頃(定員15名まで)
場所: 中沢フーズ 湘南工場 (神奈川県藤沢市)
参加費: 4500円




スコーンやイギリスのお菓子作りには欠かせない美味しい乳製品たち
どんな風に作られているのか気になりませんか?
あの生クリームの中沢さんのファクトリー見学のチャンスです
見学の後は その場でみんなでスコーンを作り
出来立てスコーンと出来立てクリームでクリームティー☆
クロテッドクリームの作り方から
産地別や濃度違い 普段は食べることの出来ないクリームまで
沢山の種類のクリームの食べ比べなどなど☆とにかくスペシャル美味しい遠足です







































2017年1月
<Banana butterscotch pudding & Date squares>




寒い冬に食べたい 熱々プディングに冷たいバニラアイスの組み合わせ
今回は バナナ味のスポンジにスプーンを入れるとあらビックリ☆
下からバタースコッチソースが溢れてきます
サプライズも楽しい「バナナバタースコッチプディング」
「デーツスクエア」はデーツのフィリングをたっぷりサンドしたオーツの焼き菓子
朝ごはんにもなりそうなファイバーたっぷり元気の出るおやつです
































2016年12月
<Ginger bread, Stained glass biscuits & Christmas chutney>




テーマは「エディブルギフト」☆
イギリスではクリスマスシーズン 親しい人に手作りの美味しいプレゼントを贈ります
今回は「ジンジャーブレッドマンと(幸せを運ぶ鳥)ロビン」
ツリーに飾りたくなるような「ステンドグラスビスケット」
そしてクリスマスの香りいっぱいの「クリスマスチャツネ」と欲張りな3品
クリスマスムード満載です★


































2016年11月
<Chicken and Mushroom pie & Almond macaroons>




寒くなってくると無性に食べたくなるのがパイ料理
熱々の「チキン&マッシュルームパイ」で北風を吹き飛ばしましょう
そしてイギリスのトラディッショナルなマカロン「アーモンドマカルーン」
ビクトリア時代から愛され続けるアーモンドたっぷりのティーフーズ
秋の夜長 ミルクティーのお供に是非☆































クリスマスプディングメイキング&プディングテイスティング
11月23日(祝)24日(木)11:00~(定員8名まで
費用: 通常レッスン料+陶器のプディングベイスン代2000円
*直径14cmのプディングベイスンお持ちいただける方はレッスン料のみです



Make a wish! プディングを作りながらお願い事をするのですが
今年は特別にラッキーチャームの 6ペンスコイン付き
プディングに入れておうちで蒸し上げてください
誰に当たるかクリスマスの楽しみがまた増えますね♪
クリスマスプディングを作った後は イギリスプディングのテイスティングを~
クリスマスプディングの食べ方

普段はあまりお目にかからないトラディッショナルな
イギリスプディングを数種ご用意いたしますのでどうぞお楽しみに☆









































2016年10月
<Apple dappy & Apple, blackberry and almond traybake>




イギリスの秋のフルーツと言えばりんごとブラックベリー
りんごをぐるぐる巻きにした生地を並べ シロップをひたひたに流して焼く
「アップルダッピー」は南西部デボンのお菓子
りんごとブラックベリーそれに刻んだマジパンを焼き込む 実に秋らしいケーキ
「アップル・ブラックベリー・アーモンドトレイベイク」
イギリスらしい組み合わせをご賞味あれ☆































2016年9月
<Plain scones, Watercress and cheese scones & Rhubarb fool>




簡単そうで難しい でも一度コツを掴んでしまえば簡単な
スコーン作りをマスターしましょう
今回は基本の「プレーンスコーン」と 朝食にもうれしい「クレソン&チーズスコーン」
そしてデザートには イギリス大定番の 「ルバーブフール」☆
簡単かつ美味しい 実にイギリス的な3品です
































2016年8月
夏休み+チャリティーお茶会




4回目になるチャリティーお茶会
何をするでもなく ただひたすらイギリス菓子を食べお茶を飲み おしゃべりをする会です
ご家族やお友達をお誘いいただいても 初めて参加の方でも
趣旨にご賛同いただけるのであれば どなたでもウエルカムです♪
今年も美味しいイギリス菓子をたっぷりご用意してお待ちしております































2016年7月
<Boiled orange cake & Courgette cake>




今回のテーマは今どきのイギリスカフェケーキ
グルテンフリーやデイリーフリーのケーキはもはやカフェやティールームのマストアイテム
オレンジを丸ごと茹でて使う「ボイルドオレンジケーキ」
ズッキーニをこれでもかと投入する「ズッキーニケーキ」
ヘルシーかつ美味しいケーキをお試しあれ☆































2016年6月
<Date & walnut loaf and Cherr oat squares>




「デーツ&ウォルナッツ ローフ」デーツとくるみ~イギリスではなぜか大定番の組み合わせ
スライスしてバターをたっぷり塗って食べるティーケーキは
派手さこそないけれど ティールームに欠かせないケーキのひとつ☆
こんなおやつがあったら お茶の時間が待ち遠しくなりそう
チェリーとチョコレートがキュートな「チェリーオーツスクエア」
紅茶がすすむこと間違いなしの焼き菓子2種 です































2016年5月
<Carrot cake, petticoat tails shortbread and ginger shortbread>




クリームチーズのフロスティングが全体をうまくまとめる「キャロットケーキ」は
スパイスと人参・くるみとサルタナが渾然一体となった至福の一品☆
そして紅茶の最高のパートナー「ショートブレッド」は
大きく焼き上げるペチコートテイルスタイルとジンジャーの砂糖漬けがアクセントの
「ジンジャーショートブレッド」を作ります
どうしてもはずせないイギリススイーツの大定番たち☆
































2016年4月
<Bakewell tart & Derbyshire oatcake>



今月はイギリス中部ダービーシャーのお菓子をご紹介☆
ラズベリージャムとアーモンドクリームがベストマッチの「ベイクウエルタルト」
小さく焼いてアイシングとチェリーでお洒落した「チェリーベイクウエル」も作ります
そしてイーストで発酵させるその名も「ダービーシャーオーツケーキ」は
オーツたっぷりのヘルシーなパンケーキのよう
セイボリーでも甘いフィリングでもOKのお役立ちレシピです☆
































2016年3月
<Simnel cake & Easter biscuits>



待ちわびた春の訪れを祝うイースターのお菓子「シムネルケーキ」
ドライフルーツたっぷりのイギリスらしいケーキは 上にのった11個のマジパンボールと
間にも1層焼き込むマジパンが特徴です☆
軽くスパイスの効いたほろりと軽い「イースタービスケット」
季節限定にするなんて勿体ない美味しさです☆






























スペシャルイベント: 山口ももさんを迎え英国地方のお菓子と紅茶とちょっぴりアンティークの会
3月29日(火)10:00~12:30/ 14:00~16:30 (各回定員 12名会費 : 5500円


「英国の暮らしとおやつ」他 著書の山口ももさんをイギリスから迎え
英国の地方菓子や紅茶、アンティークのお話などを聞きながら
楽しく美味しいティータイムをお楽しみいただきます
第一弾の今回はスコットランドと北イングランドのお菓子について~
会の後半にはちょっとしたアンティークやイギリスの雑貨などの販売もありますので
どうぞお楽しみに☆






























2016年2月
<Classic Bread pudding & Bourbon biscuits>



ぎったパンにたっぷりのドライフルーツやスパイスを加え じっくり焼き上げる
重量感たっぷりのクラシカルな『ブレッドプディング』
あたたかいカスタードをかけて 冬にこそ食べたいイギリス伝統の味☆
そしてイギリス人なら誰でもが知っている『ブルボンビスケット』
日本で買えないなら作ってしまいましょう~☆



























2016年1月
<Sticky toffee pudding & Melting moment>



『スティッキートフィープディング』しっとりプディングの秘密はたっぷりのデーツ
そこに添えられるのは 温かいトフィーソースと冷たいバニラアイス
一度食べたら病み付きになる危険な味です☆
そして『メルティングモメント』~とろける瞬間~という意味の
いかにもイギリスらしいビスケット
こんなお菓子と紅茶があれば寒~い冬も乗り切れそう☆































2015年12月
<Meringue roulade & Mince pies>



ドライフルーツたっぷりのお手製ミンスミートがつまった「ミンスパイ」
ミンスパイなしのクリスマスなんてお餅のないお正月のようなもの(?)くらい
イギリスではなくてはならない存在
そして薄く焼いたメレンゲでクリームをたっぷり包む「メレンゲルーラード」は
まるで白樺のブッシュドノエルのよう
サクサクふんわり初めての食感をお楽しみに~☆






























2015年11月
<Parkin, Spiced carrot and lentil soup & toffee apples>



イギリスでは11月のイベントと言えば Bonfire night
子供も大人も楽しみにしているのは冬の夜を照らす大きな篝火と花火
このボンファイアーナイトに欠かせない3つのフードを作ります
ヨークシャー生まれののジンジャーブレッド「パーキン」
芯まで冷えた体を温めてくれるスパイスの効いた「キャロット&レンティルスープ」
そして子供たちが目を輝かせる屋台の人気者「トフィーアップル」☆































クリスマスプディングメイキング&プディングテイスティング

11月23日(祝)24日(火)11:00~(定員8名まで
費用: 通常レッスン料+陶器のプディングベイスン代1500円
(*直径14cmのプディングベイスンお持ちいただける方はレッスン料のみです)

今年もStir up Sunday(クリスマスプディングを作る日)がやってきます
みんなで楽しくクリスマスプディングを作りましょう♪
クリスマスプディングを作ったあとは イギリスプディングのテイスティングを~
普段はあまりお目にかからないトラディッショナルな
イギリスプディングを数種類ご用意いたしますのでお楽しみに☆
































2015年10月
<Coffee and walnut cake & Oat biscuits>



コーヒーとくるみのほろ苦さが甘さと程よくマッチする「コーヒー&ウォルナッツ」は
イギリスティールームには欠かせないケーキのひとつ
ざくざくの食感が癖になる「オーツビスケット」は簡単・美味しいのお手本のようなお菓子
ビスケット缶にいつも常備しておけばお茶の時間がより楽しみに☆
今月は覚えておきたい基本のイギリス菓子2種を



























2
015年9月
<Scone Scone Scone & Rosemary potato scone>



今月はひたすらスコーンに没頭します
ちょっとマニアックに 日本の粉・イギリスの粉の違いを感じてみましょう
イギリスの粉はプレーンとベイキングパウダー入りのセルフレイジングの2種で☆
「ローズマリーポテトスコーン」大きく作ってウエッジにカット
憶えておくと便利なランチにぴったりのおすすめセイボリースコーンです






























2015年8月 夏休み+チャリティーお茶会


<チャリティーお茶会>
8月28日(金)11:00~
29日(土)10:00~13:00/15:00~18:00

各回 定員 15名
会費 2500円 (+α でももちろんOK)
(全額 東日本大震災復興支援に寄付)
特別なことはしません
おしゃべりして お菓子を食べて ただひたすら楽しくお茶を飲む会です☆
































2015年7月
<Caramelized onion tart & rhubarb trifle>



キャラメル色に炒めた玉ねぎが主役の「キャラメライズドオニオンタルト」は
タイムと白ワインがアクセントのベティーズで習ったレシピでご紹介☆
デザートにはブリティッシュプディングの女王トライフル
夏らしく爽やかに「ルバーブトライフル」です
暑さであまり食欲がなくとも こんなランチなら思わず手が伸びるはず☆


2015 年6月
<Rhubarb & ginger crumble cake and Cornish fairings>



イギリスでルバーブといえば ジンジャー そしてクランブルが大定番の組み合わせ
この二つを合わせた欲張りなケーキ「ルバーブ&ジンジャークランブルケーキ」
もう一品は 「コーニッシュフェアリング」
コーンウォール地方の名物ジンジャービスケットです
イギリス的なジンジャー使いを 堪能しましょう♪






























2015 年5月<Fairy cakes~ Butterfly cakes, Rose cupcakes and Lemon meringue cupcakes>


イギリスではカップケーキのことをフェアリーケーキ(妖精のケーキ)と呼びます
まずはクラシックからチョウチョに見立てた「バタフライケーキ」
「レモンメレンゲカップケーキ」はきちんと美味しいレモンカードから手作りします
エレガントにローズが香る「ローズカップケーキ」にもチャレンジ
春らしくカップケーキパーティーなんていかがでしょう☆






























2015 年4月<Chery & oats tray bake, Oatcakes and Houmous>


今月はビタミン&食物繊維たっぷりのヘルシーオーツメニュー☆
真っ赤なドレンチェリー入りのケーキの上に香ばしいオーツ入りのクランブル
どこかノスタルジックな組み合わせの「チェリー&オーツ トレイベイク」
イギリスではチーズのお共に ダイエット時の主食にと人気の「オーツケーキ」
これにイギリス定番ディップと化したフムス(ひよこ豆のペースト)を添えて~
軽食にワインのおつまみにと お役立ちのレシピです☆



2015 年3月<Custard tarts and Meringue nests>


もうすぐイースター待ち焦がれた春の到来です☆
イースターカラーの「カスタードタルト」は
プリン状の滑らかフィリングにたっぷりのナツメグがアクセント
メレンゲを絞って焼いた「メレンゲネスト」にはイースターエッグをのせるもよし
生クリームとフルーツで ミニパブロヴァにして楽しむのもよし☆
この季節定番のイギリス菓子2種を作りましょう♪






























2015 年2月<Guinness choclolate cake and Lamington>


今月はイギリスのカフェで出会ったケーキを2種☆
黒ビールのほろ苦さに 甘すぎないクリームチーズのアイシングが絶妙な
「ギネスチョコレートケーキ」
チョコソースが染み込んだ軽いスポンジ+ココナッツ=「ラミントン」
大人受けするチョコレート風味のお菓子たち
今回ばかりは 紅茶よりコーヒーが欲しくなるかも~






























2015 年1月<Syrup sponge pudding and Moist treacle gingerbread>


アンバーカラーでどこか懐かしい甘さの「ゴールデンシロップ」
まるで黒蜜のような色とコクをもつ「ブラックトリークル」
いずれもイギリスのお菓子作りには欠かせない甘味料
これらを使用するかなりイギリス的なお菓子2種を作ります
寒い冬に食べたい





























2014年12月<Mini Christmas cake and Broccoli & Stilton soup>


イギリスの「クリスマスケーキ」といえばこれ ☆
ブランデーが香るドライフルーツぎっしりのリッチなケーキを
マジパンとシュガーペーストでカバーリング&デコレーション
クリスマスのテーブルに欠かせないイギリスのブルーチーズ『スティルトン』
定番スープの「ブロッコリー&スティルトン」はやみつきになる美味しさです




























2014年11月<Queen of pudding and jam tarts>


イギリスでは夏の間にたっぷり採れた旬のフルーツをジャムにしておき冬に備えます
色とりどりの美味しいジャムがあれば 暗く寒い冬も明るく過ごせますから☆
今月は そんなジャムを使ったイギリス定番お菓子を2品
「クイーン・オブ・プディング」なんとも素敵な名前のこのプディング
パン粉を使ったやさしい味のプディングの上にラズベリージャムとメレンゲがたっぷり
シンプルに美味しい「ジャムタルト」これ程紅茶と合うお菓子はないかも・・・

クリスマスプディング メイキング & プディング テイスティング>
11月23日(日)24日(月)10:00~

定員 各回8名まで
今年の Stir up Sudnay (クリスマスプディングを作る日)は11月23日
ドライフルーツたっぷりのイギリスのクリスマスプディングを作りましょう
+ トラディッショナルプディング テイスティング
日本ではなかなかお目にかからないイギリスの伝統的なプディングを数種
ご用意しますので(あるいは少し手伝ってもらうかも?)
みんなでプディングテイスティングを楽しみましょう♪



費用:いつものレッスン料金+ Mason Cash の陶器製プディングベイスン代 1500円




























































2014年10月 < Banoffi pie and Rosti >


イギリス人の大好物 バナナとトフィーのパイ「バノフィーパイ」
コンデンスミルクを缶ごとひたすら茹でて作るやさしい甘さのトフィー
最後にコーヒーで全体を引き締めます
イギリスで最も有名なティールーム「ベティーズ」のスペシャリテ 「ロスティ」
パンケーキのような スイス生まれのポテト料理は 休日のブランチにも最適
ベティーズで教わったコツを伝授します♪





























2014年9月 < Cherry scone, Apple round scone and Self saucing lemon pudding >


定番スコーンからは ラブリーな色合いの「チェリースコーン」
変り種からは 大きく焼き上げて切り分ける「アップルラウンドスコーン」
りんごが丸々1つ入るしっとりとした食感は また新鮮☆
「セルフソーシング レモンプディング」1つの生地を焼き上げると
あら不思議☆ 底にはレモンソース 上はレモン風味のスポンジの2層に~☆
温かくても 夏には冷やしても どちらも美味しいイギリスの味




























2014年7月
< Cornish pasty and Lemon posset with Cardamon biscuit >


もともとはイギリス南部コーンウォール地方名物の「コーニッシュパスティ」
今ではイギリス中どこでも食べられる 人気の定番ファストフードです
お肉にお野菜・チーズなど フィリングのバリエーションもいろいろ☆
夏にぴったりのレモンが効いた爽やか英国伝統デザート「レモンポゼット」には
ちょっとおしゃれに「カルダモン風味のビスケット」を添えて~
お友達を呼んでの気軽なランチにもぴったりの3品です☆





























2014年 6月 <Elderflower tray bake, Lavender shortbread and Elderflower syllabub>


イギリスの初夏の花といえば エルダーフラワー そして続くのがラベンダー
そのすばらしい香りをお菓子に封じ込めて 楽しみましょう
大きく作って切り分ける「エルダーフラワーのトレイベイク」
ラベンダーシュガーがエレガントに香る 「ラベンダーショートブレッド」
白ワインとエルダーフラワーの香りが調和した大人のデザート
「エルダーフラワー シラバブ」を添えて






























2014年 5月 <Yorkshire curd tart & Fat rascal>


イギリスはヨークシャー地方から 代表的なお菓子を2種
ヨークシャーの老舗ティールーム ベティーズでも人気の「ファットラスカル」は
なんとも茶目っ気たっぷり☆ドライフルーツたっぷりの美味しい焼き菓子
「ヨークシャーカードタルト」は ちゃんとカードチーズ作りから始めます~
今回は ヨークのB&Bで教えてもらった スペシャルレシピ
この2品があれば 気分はすっかりヨークのティールームです☆

























2014年 4月 <Marmalade teabrea & English madeleine>


ほろ苦いマーマレードをたっぷり入れた「マーマレードティーブレッド」は
薄くスライスし お好みでバターを塗っていただきます
ティーブレッドと言っても お茶の時間にいただくケーキの一種
そして「イングリッシュマドレーヌ」
イギリスでは元々マドレーヌと言えば チェリーがのったこの姿☆
ちょっぴりノスタルジックなお茶菓子を用意して
今イギリスでブームのビンテージティータイムを楽しみましょう♪






























2014年 3月 <Lemon victoria sandwich with mascarpone cream & Traditional pancake>


イギリスにはイースター前のレントに先立ち「パンケーキデイ」という日があります
今年はそれが3月4日☆ 薄いイギリスのパンケーキにはレモンとお砂糖をふりかけて
くるくる巻いて食べるのがお約束です♪
国産レモンのシーズンが終わってしまう前に レモンカードも作りましょう
基本の「ヴィクトリアサンドケーキ」も レモンカードとマスカルポーネのクリームで
春らしく ドレスアップ☆ 手作りのレモンカードはパンケーキに添えても最高~☆































2014年 2月 <Self-saucing chocolate pudding, Barley soup & Irish soda bread with seed>


寒い冬 ボリュームたっぷりの温かいスープは イギリスの定番ランチ
パールバーリー(丸麦)と野菜がたっぷりの冬向けスープに添えるのは
イーストなしで簡単に作れる シード入りの「アイリッシュソーダブレッド 」
別名 サプライズチョコレートプディングとも呼ばれる
「セルフソーシング チョコレートプディング」 あら不思議☆ その名のとおり
チョコレートスポンジの下から とろとろのチョコソースが現れます
熱々に バニラアイスを添えて召し上がれ♪
































2014年 1月 <Treacle tart & Bread and Butter pudding>


イギリスのお菓子作りには材料としてよく「パン」が登場します
残ってしまったパンを美味しいお菓子に変身させてしまうイギリス主婦の知恵ですね
寒い冬 おやつにもデザートにも使える温かな「ブレッド&バタープディング」
大胆にも(?)パンをタルトのフィリングにしてしまう「トリークルタルト」
イギリスの家庭で ティールームで 昔から愛され続ける味をお試しあれ♪





























2013年 12月 <Christmas tree cupcake, gingerbread man & stained glass biscuit>


12月のテーマは 「エディブルギフト(食べられるプレゼント)」
イギリスではクリスマスに親しい友人やご近所さんに手作りのプレゼントを贈ります
キャンディーがカラフルに透ける「ステンドグラスビスケット」
クリスマスの定番「ジンジャーブレッドマン」と幸福を運ぶ小鳥「ロビン」
チョコミントフレイバーの「X'mas ツリーカップケーキ」
どれもフェスティブムード満天 ★Enjoy クリスマスベイキング★































2013年 11月 <Galette de Sarrasin, Gateau Breton & Far Breton>


海沿いで小麦栽培に適さないブルターニュでは 昔からそばが代わりに栽培されてきました
「そば粉のガレット」は そんなフランス・ブルターニュ地方の郷土料理
そして 数あるブルターニュの郷土菓子からは この2種
驚くほどもちもちの生地に ジューシーなプルーン入りの「ファーブルトン」
名物のバターをたっぷり使った素朴な焼き菓子「ガトーブルトン」
地方菓子らしく 美味しいのにどちらも驚くほど簡単ですよ☆






























クリスマスプディング&チャツネ メイキング 体験>
11月22日(金)23日(土)10:00~

定員 各回8名まで
今年の Stir up Sudnay (クリスマスプディングを作る日)は11月24日
イギリス伝統のクリスマスプディングを作りましょう
イギリスでは 秋の収穫シーズン 様々な「チャツネ」を作ります
甘酸っぱいチャツネにはチーズやクラッカーを添えて ワインやビールと共に
セイボリーのスコーンや サンドイッチにもぴったりです☆



































2013年 10月 <Dorset apple cake & Eve's pudding>


秋はりんごのシーズン イギリスには様々なりんごのお菓子があります
りんごで有名なイギリスの南西部ドーセット地方の「ドーセットアップルケーキ」は
生のりんごをたっぷり焼き込んだ しっとりとしたおいしさ
りんごの上に スポンジ生地をのせて焼き上げる「イブズ プディング」
焼きたてフワフワのプディングには イギリス風に温かいカスタードを添えて☆






























2013年 9月 <Marmite scone & Plane scone & Baked spiced plum>


パプリカとチーズそしてアクセントにはイングリッシュマスタードとマーマイト
スープに添えて 軽い食事にぴったりの「チーズ&マーマイトスコーン」とプレーンスコーン
イギリスでは夏の間 沢山の種類のプラムが出回ります 「ベイクドスパイスプラム」は
スパイスを加えてオーブンで焼いた熱々プラムに 冷たいアイスクリーム
そしてオーツで作ったグラノーラをトッピングした 味わい豊かなデザートです☆






























2013年 7月 <Lemon drizzle cake & Crumpets>


焼きあがったばかりのケーキにふくませるのは たっぷりのレモンシロップ
キュッと酸っぱい「レモンドリズルケーキ」はイギリス家庭の味
イーストを発酵させて作る「クランペット」プツプツ開いた穴が特徴です
昔ながらのお茶のお供ですが これ自体は甘くないパンの一種なので朝食にもぴったり
たっぷりのバターとゴールデンシロップを染み込ませて 召し上がれ☆




























2013年 6月 <Boiled orange cake & Courget cake>


テーマは イギリス『今どきのカフェケーキ』
大量の千切りズッキーニを焼きこむ「チョコレートズッキーニケーキ」
皮ごと丸のまま茹でたオレンジを使う「ボイルドオレンジケーキ」
どちらもデイリーフリーで 気持ちヘルシー(?)
こういったケーキを オーガニックブームのロンドンだけでなく
田舎のティールームでも みかけるようになりました☆






























2013年 5月 <Flapjack & Welsh cake & Rock cake>


テーマは『イギリスおやつ』
オーツ麦のファイバーたっぷり「フラップジャック」
昔ながらのグリドルで焼き上げる「ウエルッシュケーキ」
ごつごつした姿がなんとも素朴な「ロックケーキ」
マグカップたっぷりの紅茶が欲しくなる 粉物好きにはたまらない3品です ☆





























2013年 4月 <Bakewell tart & Eton mess>


ダービーシャーの小さな町 Bakewell 発祥の「ベイクウェルタルト」
アーモンドとラズベリージャムのこのタルト 今ではイギリス中で食べられています
「イートンメス」=さくさくメレンゲ+生クリーム+いちご
イギリス初夏の定番デザート☆




























2013年 3月 <Simenel cake & Easter Biscuits>
「シムネルケーキ」が店頭に並び始めると 待ち焦がれた春の訪れ
イースターを祝うイギリス伝統のケーキは
ドライフルーツたっぷりの生地でマジパンをサンドし焼き上げます
軽い食感の「イースタービスケット」は 季節限定にするにはもったいない
いつでもビスケット缶に常備したくなるおいしさです☆





























2013年 2月 <Macarons au chocolat & Cake salé>
かわいらしい姿とは裏腹に手作りするとなると ちょっと手ごわい「マカロン」
簡単レシピで ヴァレンタインにもぴったりの ラズベリーガナッシュのマカロンを☆
セイボリータイプの塩味ケーキ「ケイクサレ」は
サラダを添えてランチに ワインのお供に~と覚えておくと大活躍のレシピです
2013年 1月 <Sticky toffee pudding & Melting moment>
温かいトフィーソースにバニラアイスがたまらない「スティッキートフィープディング」
しっとりソフトな生地の秘密は たっぷり入ったデーツ
湖水地方生まれのプディングが今では イギリス大定番のプディングに☆
「メルティングモメント」かわいい名前のとおり
紅茶の隣にちょこんと添えてあげたい 英国ビスケットです



2012年 12月 <Meringue roulade & Mince pies>
シート状に焼いたメレンゲでクリームを巻く「メレンゲ ルーラード」
サクッしゅわっとしたメレンゲはイギリス人の大好物
表面のひび割れた感じ・色合いといい クリスマスの雰囲気にもぴったりです☆
そして スパイス香る「ミンスパイ」と マルドワイン
この黄金コンビなしでクリスマスシーズンは始まりません



























2012年 11月 <Gateau Basque & Financier>
フランスはバスク地方の郷土菓子「ガトーバスク」は
ケーキとクッキーの間のような生地に チェリージャムの酸味がアクセント
秋に食べたい 紅茶にぴったりの焼き菓子です
驚くほどしっとりする「フィナンシェ」は
プレーンとピスタチオの 2種☆
2012年 10月 <Carrot Cake & Shortbread>

素朴な見た目に反して深い味わいの「キャロットケーキ」
紅茶のそばにひとつあるだけでほっとする「ショートブレッド」
おうちのティータイムに 是非加えて欲しい2品です
ショートブレッドは ペチコートテイルタイプのプレーンと
イギリスではポピュラーなジンジャー入りの2種


2012年 9月 <Scone & Coffee and walnut>
9月メニュー写真コーヒーとくるみのほろ苦さが甘さを引き締める
「コーヒー&ウォルナッツ」
スコーンはフルーツスコーンとセイボリータイプ(チーズスコーン)の2種を作ります
ともにイギリスティールーム 定番中の定番☆



shop info店舗情報

ガレット アンド ビスケット

〒321-0904
宇都宮市陽東
ベルモールから徒歩3分